HOME > ちょっと聞いてよ > 日本の家
先人の知恵 日本の家 ペレットストーブ 家族で作る家
日本各地には、独自の家作りへ先進的に取り組む経営者や職人の皆さんが数多くおら れます。このコーナーでは、N-Basic代表・濱田耕司が皆さんのもとを訪ね たときの出来事や、著書を読んでの感想などをご覧いただけます。
長くつき合う家
さて、日本の家ですが、今回は「長く付き合う家」について考えてみたいと思います。現在の日本の家は、平均25年ほどの寿命といわれています。家を買うときに多くの方が住宅ローンを組まれると思うのですが、住宅ローンが終わった家、もしくは途中という家も、大掛かりなリフォームをするくらいなら建て替えた方がマシ。と建て替や住み替えをされています。どうしてなのでしょうか?家を買うとき、建てる時、多くの方が一生のうちで、一番大きな買い物になるはずです。よく考えて、色々勉強して、家を作られているのだと思います。今から3,40年前と 言えば、高度経済成長期。その頃日本には、大手ハウスメーカーが出現しました。当時、マイホームを建てられた方が一生懸命聞いたハウスメーカーさんの説明といえば、早い安いきれい、流行の色や間取り、なんと言っても大手だから安心感もある。すばらしく理想を追求した立派なカタログ。人と同じが好きな日本人だからこそ成立する規格住宅。お好みはオプションで叶えます。などなど…。 しかし、20年後にはすっかり壊されているという現状です。なんとももったいない話しです。本当に壊してしまわないといけない家なのでしょうか?ちょっと古臭く思っても、手を入れれば十分息を吹き返したように、素敵な家になるのに!と思うのです。私は自然素材を使った家を推奨しています。でも、だからと言って、これまで経済発展してきた中で、生まれてきた新素材を全否定するつもりはありません。ただ、土に返すと地球の負荷になるようなものはゴミとして極力ださず、そこは知恵と自然の素材を使ってうまく融合させてあげられれば、もっといい家 や環境になるような気がしませんか? やはり、家はもとより、何でも「使い捨て」という意識は捨てて、「長く使う」「長く愛せる」そんな家や物がもっともっと増えていけばいいですね。私も、おしゃれなのに飽きのこない、それでいて家族のライフスタイルの融通性も兼ねそろえた、そんな住まいの提案ができるようにがんばります。
熱伝導率

今回の日本の家は 「熱伝導率※」について少し話しをしたいと思います。今から50年くらい前の日本の家は、電化製品を使わなくても、夏は涼しく、冬は…寒いですが厚着をしながらコタツや火鉢を使い過ごしてきました。そのころの日本は、自然の四季を体で感じ、それなりに快適に過ごしていたと思います。光熱費は少なかったでしょうね。 そして大きく違うのが「家」です。昔の家は材料が無垢の木や紙、草、石、土、と自然素材で出来ていました。それらの自然素材は熱伝導率が低いため、外からの熱を屋内に入れるのを遅くし、暖めた部屋の暖気を屋外に逃がさないようになっていました。今の家というと、ほとんどが、鉄、アルミ、プラスチックなどで出来ています。それらの化学系の素材は熱伝導率が高いため、熱の伝わりが早く、夏は暑く冬は寒い「家」になっているため、エアコンなどの冷暖房器具に頼らないと住めませんよね。 何が言いたいかと言うと、50年前の「家」に全部戻すのではなく、 現代の良い所を取り、できる範囲でなるべく自然素材を使うことで、 熱効率の良い家を作る事ができるのです。 自然素材を使ってもっと長く、ずっと好きでいられる大切な「家」作りをこれからも皆様にご提案できるように勉強します! ※熱伝導率とは…熱移動のおこりやすさが熱伝導率として表される。熱伝導率の値が大きいほど移動する熱量が大きく,熱が伝わりやすいことになります 。